FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

恋のしくみ

妄想と現実の恋の話 趣味で星座別キャラ分けしてマンガ描いてます

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

いろいろドキドキ?![すみ恋 中学生 1年生編 90]   

注:このお話は私が姪の話をmixiの日記に掲載したもので
当時のまま転載したものです。
これ以前のすみ恋が気になる方は「すみ恋」 小学生編をご覧ください★

前回のお話はこちらをご覧ください★
今年のバレンタインは…?[すみ恋 中学生 1年生編 89]

***

バレンタインは目の前ですね!

明日はすみと・・☆もちろんバレンタイン準備にいそしむわけなのですが・・。
じゃがにあげるようの「じゃがですよ!」ってお菓子とか
S君のパイ用ケースとか
いろいろ
忘れずに明日持っていかなきゃ!
っていうのを
しっかりと暗示入れておかなければ・・。
これを忘れたら最悪だー・・・。

というわけで・・
その前に先週のすみとのやりとりです。

実は、一個前のすみの席は一番前だったらしいんですが、
隣がどSの原君だったんですって!

それで
わーい♪原君だあー♪
って感じで
すみが彼を見つめれば・・
「見ないでくれる?」


言われたり・・・。

班ごとで何かする授業では
すみの提案はことごとく原君に却下され★

すみからしたらうほほーい♪だったらしいんですが、
ついに・・・

「先生!席替えしたいです」


原君が挙手をしたとか。
(そこまでーーー?! とすみ)

とことんすみにSな原君です(笑)

そして
席替えをした日はメールは来なかったんですが、
すみの日記に
場所は変わってないし(一番前)となりはジミーズだし
最悪!
みたいな感じで書かれてあったんですね。

それで・・・・。

実家に帰った時に
その話になりまして。

「そんでさ・・
 S君の席はどのあたりなの?」

(↑私が興味あるのはここのみ)


すみに聞いてみると・・・

「え?

となり・・・」


は?!!!!!!


「え? となりはジミーズじゃないの?!」

「うん、だから・・

 左隣がジミーズで、右がS君・・・」


なあにいーーー!!!!!

そゆの、そゆの、早く言って!!!


ひとりでむきゅーーーっとなりつつ、

Pさんの後ろの席はピコ(みっちー)なんだとか。
それで、最近はその3人でめっちゃ盛り上がっているらしく・・・。

「こないだね、ピコがラップ調になって面白かったんだよ!」

「え?それなになにー?」

「3人で話盛り上がってる時に
いきなりPさんがAのとこ行っちゃってさ、
Aのとなり座って・・

そしたらピコが
なんだよいっちゃうのかYO!
見捨てられたYO!
みたいに始まって・・(笑)」

えっ・・S君から行ったの?!
(↑気になるのそこ)

「それですみも

さみしいYO! 
みたいな・・・」

「あー・・盛り上がってたんだね~」

「そうそう!めっちゃ楽しいよ!今の席★」

そうかそうか。うんうん、
でもS君の・・気になる~~っ。

「それでPさんとAが仲いいから
ピコが
おまえら付き合ってんのかよー!みたいな感じで」

「そういう風によく言ってんでしょ?」

「そうそう、そしたらPさんマジギレしちゃって
 ピコにのしかかって殴ろうとして・・」

えっっ!?

「そしたらピコが

すみ助けて~!
って言うから・・」

えーーーっピコ!

「だからすみが

するなら私に!!って」

すみ!

「言ったらPさんが

 え? いいの?

って」

Pさん!

「って言われたから

 いや私は今勉強中なんで

 って
 机に向き直っといた」

コントか!!!
(笑)


「私に・・!って言ってしてもらえばよかったじゃん(笑)

ってかPさんも いいの?って・・!」

ツッコミを入れつつ、

どうやら今の席で3人はとても盛り上がっているみたい★
楽しそうでいいじゃんいいじゃん♪


しかし・・・

「Aちゃんとそんなに仲いいの?」

ちょっとした心配。

「うんーすごいよ。
 みんな付き合ってんじゃないかって言ってる」

ううーん・・・。

「でもいつもAがちょっかい出して、
Pさんのもの奪って
それをPさんがやめろよって言いながら追いかけるっていう・・」

あはは~うふふ~な感じなのね・・・。

「でもラップの時はS君から行ったんでしょ?」

「うん・・でもあの時くらいだけど・・」

Aちゃんねー・・。

生年月日を大体知っている私としては
AちゃんとS君は相性がとっても良くないので
好きになったりはしないと思うんだけども・・。
でも悪女が好きな傾向があったりすると
わからんのよねえ・・。
(前科あり)

しかし、まだ中学生だから
そういうのわからずなんとなくいい感じに・・みたいのも危険・・。

ううーん・・困るなー
Aちゃんはいかんよー・・

ぶつぶつ言っていると

「じゃあいったい誰だったらいいわけ??」


すみが突然言い出し・・。

ううーん・・。
すみ周辺メンバーだったら・・

「さきちゃんだったら許せるかなあ~」

「え・・・ そうなの?

 なんで?」

「だって・・・ 
 
さきちゃんの欠点が今のところわからない・・・」

星的にもまあ、っという感じだし・・。

「ふーーん・・・

 そうなんだあー・・・」


「まあーーーー

 一番は・・・


すみなんだけどね!!!」
(ほんとにね!!)


最後に言った瞬間

すみが

「うっほーいっ!!!」


女子とは思えない感じの
でも嬉しそうな雄たけびを・・・。
(うれしいんじゃんか!!!!)

いやー・・・
すみいい加減素直になってほしいわ。

そしてその後はそのまますみがお風呂に行きまして。
私一人になりごろごろしてたんですが・・

どうも気になりまして・・・。

はい・・・

出しちゃいました・・。


タロット。
(最強の武器です。はい)

Aちゃんとどうなのよおーーー?!

パラリラリーン♪


えええーーー・・・・


カードの結果に驚いていると
ちょうどすみが帰ってきまして。

「え? 何見てるの?」

「うん・・気になっちゃって・・

Aちゃんと・・・Pさん・・」

「えーっ

どんなどんな?」

んーーーーー・・・・


それがですねえ・・・

「デスってます・・」

「えーーーーっっ!!」

「Pさんハングドマンリバースです」

「えーーっっ!!
 
 って何?それ」

「辛いゆうてます」

「あーー・・ でもいっつもAがちょっかい出してもの奪ってだもん・・
嫌がってるのかも・・」

「ねー・・・

でもピコとの時は自分から行ったんでしょ?Aちゃんとこ」

「うん、その時は・・・」

「うーーーん・・
 その時なんで行ったのかはわからないけど
 好きとかそういうんはないねえ・・・」

「へーーー」

なんとなーく現状と違和感の部分も感じつつ、

ふたりしてうむむとなっていると
「あのさー・・
 Mとも見てみてっ」

気になってんじゃん!!!

あっ・・そうそう、実はちょっと前に
MちゃんとS君がメールのやりとりをしているという話を
すみから聞いてまして

「まだ好きなんじゃないの~?」
なんて
すみが言ってたわけで・・
(それはないと思うなあー)

それでタロットで・・ってことですね。

まあ私も気になるので見てみました。

まー・・それなりにでしたね。
もう終わった恋なんだよって感じで・・。


そして・・
そのまますみとS君ので勝手に見ておきました。

うーーーん・・
初期からずっとこんななんだよねえ・・・

「え??どうなの??」

「だからねーもうあんたたち・・
いい加減にして!」

そう・・・
基本S君はすみの事いいなーって思ってるってのはわかってんだけど、
すみがネガティブなの!
私なんてこんなすごい人無理でしょー姿勢なのっ
最初からっ

S君の事を自分にはレベルが高いって
よく言ってんだよね・・実は
そんなことないのにいー。

でも気持ちの部分は好意的なくせにーっ
なわけでして・・。
Pさんはすみのバッサリ態度で
オレを好きじゃないな・・ってなっちゃうし

もーー!!
このふたり、
もーーーー!!

ほんのちょっとの
ズレなのにいいーーー!!


初期からなんらかわらない感じですね。

でも、
仲いいまま継続しているので
良しとします!


そう。。
そして・・・

寝る前の出来事。

ふと

私が気づいて話したんです。

「すみさー・・・
 
そーやってピコとかと盛り上がってて・・
あんたがほかの人たちにもしかしてあそこできてるんじゃない?
みたいに思われることがあるかもしれないから
気をつけなよ?」

と・・。

言ったら・・。
すみが・・・。

「あ・・・」

え??

「それ・・・

 言われたよすみ」

「え? 何??」

「お前ら付き合ってんの?って言われた・・」

「え??誰に????」

「・・・・・・・Pさんに・・・」

------------!!!!!


「ちょっ

 詳しく教えなさい!!」


「うん、 今日ね、帰りにピコと
じゃーなーっバイばーい!って手を振ってきたから
すみも
バイばーい!って手を振ってたの」

うん・・

「そしたらPさんに

 おまえらって・・付き合ってんの?
 って言われて。」

ええーーーっ

「それで
 そんなんじゃないよー!
 じゃあPさんも、ばいばーい!
 って手を振ったの。
 そしたら・・

 いや・・ 俺は・・・

 さようなら

 って おじきされてさー」

えええっ・・・

Pさーーーーん。

「すみそれ!
それだよ・・・!」

「え??」

「S君がAちゃんとこに行ったわけ」

「えーー?
 あっ 盛り上がっちゃってたから??」

「二人が盛り上がってて、仲がいいから
 この二人付き合ってんのかなって思っちゃったんだよー」

「ああーーーーっ・・・」

「それで仕方なく移動したんだよー

 だからほんとはデスなんだよーー」

「うわー」

「なんかつながった!」

「つながった!」

「違和感の部分の謎が解けたわー・・」

「すごいわー・・言われて気づいたよ・・」

すみーーーー!!!

結構たくさんのヒントが転がってんのに
そこに意味をまったく感じずにきっと日々突き進んでいるのね・・(;;)

すみらしいっちゃすみらしいんだけどね・・。

んもー!気を付けて!!!


はあ・・・


まあね、
でもバレンタイン!

ピコにはあげないけどー
Pさんにはあげる気満々だし★

まーちぇけにもあげるけど・・
ちぇけの場合約束しちゃったから仕方ないっていうか・・。

Pさんがどう受け取るかはわからないけど・・
チョコをあげるわけじゃないから
その辺の気遣い感じてくれるといいなー。

そして・・
ホワイトデー♪

ここを楽しみにしちゃうよん!


というか・・
このバレンタインでマジ告白誰かがしてきてー
変な感じになるパターンだけは勘弁で!

バレンタイン・・チョコじゃないのあげちゃうよ!計画
好印象でいい感じになりますよーに♪

楽しみだあー♪♪

[2011年 2月頃]
スポンサーサイト

category: すみ恋 中学生編 [2010年実話]

tag: 恋のしくみ  星座別キャラ  胸キュン  片想い  中学生  蟹座 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mityamuka.blog35.fc2.com/tb.php/1129-07bec37c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。