FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

恋のしくみ

妄想と現実の恋の話 趣味で星座別キャラ分けしてマンガ描いてます

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

同じ時代に生まれたかった・・。(S君)[すみ恋 中学生 1年生編 88]   

注:このお話は私が姪の話をmixiの日記に掲載したもので
当時のまま転載したものです。
これ以前のすみ恋が気になる方は「すみ恋」 小学生編をご覧ください★

前回のお話はこちらをご覧ください★
すみ周辺ひと騒動の続き[すみ恋 中学生 1年生編 87]

***

(S君ネタなのでやや興奮気味です。)

またしばらく実家のお仕事お手伝いをすることになりました。
それでまた実家にちょこちょこ帰るので
まあすみとまたまた盛り上がるわけでして・・★

ところで!!

ちょっと・・・
実は・・・

気になっていて・・・

すみに
「チャンスがあったら聞いておいて★」
って
頼んでいたことがあったんです。

そう・・・
S君に・・・。


それは何かと言うと・・・
S君は甘いものが苦手な子。

じゃあバレンタインって今までどうしてたんだろう・・?
って
思ったわけなのです。

以前すみがお菓子をあげようとしたら
すごい拒否られてしまい、
その時は甘いのがダメと知らなかったので
ええっとなりつつも無理やり受け取ってもらったわけですが・・。

2回目の時は甘さ控えめにしたけれど
受け取ってもらえず・・。

断るぐらいなので
じゃあバレンタインはどうだったのかなって。

だってS君だよ!?

いったい何個もらってることやら・・。
すごい数になりそうじゃないですか・・・。

それ全部断ったのかな?とか・・。
今年のバレンタインはどうなる?!とか。

いろいろ気になりまして・・・。


そしておとといの夜。
実家ですみと寝転んでいると
「そういえば聞いたよ!」
と。

えっ何を・・?
バレンタインの・・?

と聞くと、

ある日学校で、
ささきりょうくん(ささりょう)と言う子が
クラスにいるのですが、
(あまり日記には出てこないけど、すみの話にはよく出てくる)
ささりょうくんは毎日お昼は買い弁なんだそうです。

それで、その日は甘めのパンを買っていたとかで、
途中でちぎったパンをS君に
「これあげるー」

あげたそうなんです。

そしたらS君、
「ありがとう」と受け取ったらしくて・・・。


「S君受け取ったんだ!」

「うん。受け取ってた」

「だって甘いの食べれないんじゃないの?」

「うん、だから・・」

その後S君は口にするものの、

「りょうくんごめん。
 オレこれ甘すぎて食べれないや」


言っていたとか。
そこですみ

チャンス!!!

と思ったらしく、

その瞬間に、

「ねーS君てさ、
 甘いのダメでしょ?
 バレンタインとかどうしてたの?」


聞いてくれたとか!!!!
(すみ、やるー♪♪)

そしたらS君・・・

もう・・・

私・・・。
ほんとに・・・。

彼が素敵すぎて・・・。

きゅん死にしそうになったんですが・・・。


すみがそう聞くと、S君は

「オレ、全部食べたよ?
 ちゃんと全部・・・」

って・・・

!!!!!!

S君!!!

食べたの・・・?!
全部・・・って
すごい数なんじゃ・・・・。

そこですみ、

「え?大丈夫だったの?!」


やっぱりすみも思ったのか聞いたそうなんです。

そしたら・・・
「飲み物とか途中途中飲みながら・・
 頑張って食べた」

って・・・・。

・・・・・・・。

Sくーーーーーん!!!!!!


素敵すぎる・・・・・。

そんな・・・・。

そんな・・・・。

「すごい!すごくない?!
 だって好きな子なわけじゃないんだよ?!」

私が感動して声をあげると・・

「うん・・・すごいよね・・」
とすみ。

「だって、甘いの食べれないんだよ?!
 それなのに・・
 好きなこのならまだしも・・」

「うん・・」

「あんたの嫌いなものなにさっ」

「グリンピース」

「じゃあ好きな子にグリンピースをあげる日があったとして、
 すみのこと好きなこたちが
 想いをこめてグリンピースを渡してきたとしましょうよ。
 それをすみは食べれますか?!」

「無理・・・」

「好きな男の子からもらったとしたら?!」

「すみ好きな人からでも無理だわ・・」

無理なんかーい!!


「・・・どんだけPさんが素敵かわかるでしょ・・・?」

「無理だわ~・・・」


S君・・・・。
素敵すぎるよううう。

やっぱり自分を想ってくれたこの気持ちに
応えようとするんだろうね。彼は・・。

まじめで・・
律儀な人・・・。

今からそんなんで
これからどんな素敵な男の子に育っちゃうのー?!

お母さまは
いったいどんな育て方をー?!
(すごい綺麗な方だったそうですヨ)

「私S君が甥だったらよかった・・・」

「何それ!」

「だってそしたらずっと見守っていけるじゃーんっ」

「ちょっと!」

「同じ時代に生まれたかったよ・・・」

なぜ・・
なぜこんなに素敵なのにー
この素敵さがー

意外と同い年の子にはわからないんだよねえ・・。
中身までわかってて好きになってる子は少ないっぽいもの。

ううーん。


なんかね、
中一男子はもうエロ路線がすごいらしいんですよ。

まあそういう年頃だからね。
特に中学生はおバカだから女子の前とか関係なくなってたりするしね(笑)

それで、そういう話をしている事が最近多いらしくて、
き××いくんでさえも!らしいんですが・・。

そういった話を聞いて・・
「そーなんだー
 でもS君はそういう話しなそうだよね」
と言ってみると


「S君はねー
 そういう話にまざらない」

やっぱり・・・・!!

そうだと思った。

彼はそうだと思ったよー!!

「男子とかがそういう話をして盛り上がってると
 
 「静かにしろよ!」
 
 って感じでいつも言うよ。」

まあ★ さすが・・・!

「乗り悪いよねー」

「いやそこは乗っちゃダメでしょ!

 というか、やっぱりそういうこと女子の前で平気で言う子よりも、
 そういう話をするのはちょっと・・って思ってるこの方がいいよ!」

乗りって!
すみも・・・。

「すみも・・女の子なんだから
 そういう話には乗らない方がいいからね。
 
 引かれるからね」

というと

一応思いっきり混ざってはいないようでしたが・・・。

ちょっと男子に男子扱いもされているっぽく
(やはり・・)

こないだ、男子にパーカーを借りたとかで、
そのパーカーを返しに行ったら
他の男子に
「なんだお前ら夫婦かー?」

ってからかわれたらしいんですけど、
他の男子に
「いやホモだろ」
って
言われたそうです・・・。


・・・・・・。


しくしくしく。


すみ・・・!

気を付けてー!!


まあ・・・
そんなこんなで
またもS君の素敵エピソードを聞いて
きゅんきゅん悶えたり
ほっこりした夜だったのでした。


そして家に帰ってその話を彼にすると・・

なんだか変な表情。
ん?
と思いつつ

「S君ってやっぱり素敵じゃない~?!」

と言うと

「・・・・・
 
 オレ・・・

 チョコもらったことないもん!!

 だから
 無理して頑張って食べる気持ちとか・・・
 わかんないもん!!」

って・・・

叫びだしました・・・・。


知らないよ・・・・。


つか
別にいつもS君の気持ちわかるスタンスじゃなくていいよ・・・。

(自称S君のことはなんでもわかるオレ らしい)



ふふー。

というわけで
他にもいろいろ話聞いたのですが
それはまたということで★

はあ~・・・。
S君・・・・。
(↑好きすぎ)

[2011年 1月頃]
スポンサーサイト

category: すみ恋 中学生編 [2010年実話]

tag: 恋のしくみ  星座別キャラ  胸キュン  片想い  中学生  蟹座 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mityamuka.blog35.fc2.com/tb.php/1125-a25b6a35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。